こまちままのひとりごと

大地と光のハーモニー

丘は光る沈みゆく陽の光をうけ
木々は光る
大地は輝く
やがて訪れる長く厳しい極寒の時を耐えしのぐエネルギーを蓄えるべく全身で陽の光を受けとめ
そして自らもまばゆいばかりの光を放つ
大地と太陽の共鳴する音が聞こえてくるようだ
自然が生み出す荘厳な大地と光のハーモニー

丘は光る
光は丘を駈けてゆく今 まさに 沈まんとする太陽は
1年間作物を育ててきた大地へのご褒美かのように
それは温かくやさしく、大地を照らし
大地も木々もそして空気までも、それにこたえるかの如く
全身で
魂でその光を受けとめる

やがて光は はるか向こうの十勝岳へ
すそ野から静かに穏やかに昇って行く
うっすらと雪化粧した山々は 
穏やかに赤くそまりながら静かにたたずむ
長く厳しい冬の間も そこに悠然と佇み 大地を見守っていくのであろう
秋まき小麦は、氷の時を耐え忍び
春には より深くより強い緑の絨毯を見せてくれるのだろう
a0322741_16265069.jpg

丘は光る

ああ
なんとまばゆくやさしい光景であろう
ああ
なんと神々しく恭しい姿であろう

最後の最後のその一瞬まで
持てる力を燃やし尽くし 生きぬき
静かに眠っていくその姿のなんと美しく尊いことか

名も知れぬ美瑛の丘に立ち
我も かくありたし せめて気概だけでも・・・

そんなことを思った北の大地の晩秋の1日・・・
a0322741_16220307.jpg

[PR]
by komachibbt | 2014-12-03 16:51 | 美瑛・富良野 | Comments(2)
Commented by hidamaribenchi-me at 2014-12-03 21:05
こまちちゃんとの最初の出逢いの写真は、まさしくこの美瑛。
それから真っ直ぐにこまちちゃんの世界に入って行った私。
迷いもなく、疑いもなく、ただただ心のままに。
このブログで再会したい作品の一つに逢えて嬉しい限り。
今夜も指定席で見させてもらいアリガトウ。
力のあるエッセイ!ガンバロウ私も。
Commented by photo-calendar at 2014-12-09 19:46
コメントありがとうございました。
美瑛、、、本当に素敵なところですね。
一度ゆっくり行ってみたいと思ってはいるのですがなかなか、、そういうチャンスは訪れてくれません、、。

光の移ろいでこんなに同じ所でも違って見えてくるのですね、、。光輝いてるのはほんとうに何ともいえない色で、、。
憧れます。

これからも宜しくお願いいたします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード