こまちままのひとりごと

まっしろ まっさら 真っ直ぐに

今日は どんなキラキラに会えるかな
ドキドキしながら窓開ける
・・・
白 白 白 白
まっしろです
                   「雪原の首飾り」
a0322741_15584967.jpg

a0322741_16272564.jpg
おひさまキラキラ どこでしょう
厚い雲に覆われて しとしと雨まで降りだして
どんより曇ったお空さん
美瑛の空は気まぐれさん
a0322741_16110890.jpg
真っ白 まっさら まっすぐに
感じたままをカシャカシャと
冬の絵葉書 あなたの元へ
a0322741_16155568.jpg
*前日のマイナス24度とはうってかわって、この日は朝から小雨まじりの曇り空。まるであたり一面深い霧に包まれたような、ドンより曇りの白の世界
何をどう撮ろう?
そんなことを考えるのはやめにして
目の前に広がる白い世界を、見たままに、感じたままに、心のシャッターきりましょか♪
(今回の写真 撮ったままのそのままなんです。あまりに色がないのでPLフィルターつけてクルクル回して撮影してみたら、こんな風になりました(笑))                              「ひとりしずか」
a0322741_16005303.jpg
                    「冬に咲く」
a0322741_16205822.jpg
澄んだ青い空は見られなかったけれど帰り際には、ほんの数分でしたが 晴れ上がり大好きなあの木の丘がほんのり赤く染まりました。まるで 白い雲にのせて 「また 来年ね 元気でね!」と、あったかいおひさまのオレンジの光を届けてくれているようでした。白い世界の中でこちらの心まできれいにしてもらったようで、嬉しくてしあわせでいつものように 心から感謝を込めて つぶやきました。「ありがとう! また あえるその日まで!」


[PR]
by komachibbt | 2016-02-24 17:00 | 美瑛・富良野 | Comments(23)
Commented by purebliss at 2016-02-24 19:33
こんばんは。
最後の一枚ステキです(*^_^*)
冬の美瑛、いつか行ってみたいなぁ・・
Commented by taephoto at 2016-02-24 22:04
こんばんは~
美瑛地方もお天気がクルクル変わっているのですね~
3枚目のお写真好きです。
青みを帯びた雪原と、赤い雲。
こういうの見てみたいです。
Commented by lapislazuli54 at 2016-02-24 22:38
こんばんは〜
どれもこれも素敵でため息ものです
特に下の幽玄の刻はもう絵画をみているよう、、、
本当に美しくて私が撮りたかった絵がそこにありました!
またオジャマさせてください
ありがとうございました
Commented by rinkatu at 2016-02-25 08:43
"雪の絵葉書"
素敵ですね(*^_^*)
真っ白で緩くくねったラインから突然延びる木々
美瑛で出逢える光景をありがとうございました(^^♪
Commented by calmcalmcalm at 2016-02-25 09:15
おはようございます
うつくしいふうけいとその色
北海道は旅行で出かけ
お決まりのようなコースを時間刻みで廻され・・
そのような時に撮った写真と違い
憬れです  素晴らしいですね
Commented by day_to_day_pieces at 2016-02-25 11:29
雪原の首飾りって素敵なタイトルですね~♡
繊細な枝枝はレース細工でも表現できない美しさだし、自然の放つ四季の美しさに人はずっと憧れ続けているような気がします。
美瑛いつか四季折々訪ねてみたいってこの美しい景色の数々をみて思います。
Commented by komachibbt at 2016-02-25 13:45
pureblissさん
 はじめまして
 コメントありがとうございました

 靄がかかったようにあまりにも まっ白で 目の前のポプラの木も見えないような曇天でしたので
「しかたないなぁ 今日は 葉祥明ワールドをまねて 冬の絵葉書モードの撮影にしようかな」
とカシャカシャ撮ってきたものです。

 青い空が見えなくとも、色がなくとも
 それでも 無条件に冬の美瑛は美しく、大好きです。

 最後の1枚 私の大好きなショット 共感頂き嬉しく思います。
Commented by komachibbt at 2016-02-25 13:51
taeさん
 初めまして
 
 冬はどの地域でも、スカッと爽やかCMのような青空はお目にかかれないのでしょうけれど、それにしても 年に数度、嗅ぎあッれた時間しか滞在することができない旅先でお天気に恵まれなのは、もうガッカリ落ち込んでしまいますよね。
 それでも、 シーンとした静寂の中に一人でいると、普段見過ごしている小さな光や枯れた草や木々の美しさまで目が行ったりと、非日常の空気感を楽しむことができ、そんな静かでゆるりとした時間に感謝しながらシャッターを切ってきました。

たくさんのイイね!やご丁寧なコメントまで頂き ありがとうございました。
今後とも どうぞ よろしくお付き合い下さいませネ。


Commented by komachibbt at 2016-02-25 13:56
lapisさん
 大好きな美瑛を介して、こうしてまた新たなご縁を頂きましたことを、心より嬉しく感じております。
 lapisさんの今冬の富良野美瑛のお写真、一緒にあの丘を回ってるいるようなワクワクした気持ちで拝見しました。
 初めての冬にダイヤモンドダストに出会えるなんてお幸せでしたね。
 お写真も、とても綺麗でした。

 これからも、どうぞ宜しくお願いいたします。
Commented by komachibbt at 2016-02-25 14:03
rinkatu さん
 いつもありがとうございます。
 真っ白過ぎて、私の腕では、どうにも撮りようがなくて、「絵葉書フォトにしちゃおっと」と、パチリパチリ。 ”雪の絵葉書”お褒め頂きありがとうございます。
 
 実は この次のブログで 私にとってかけがえのないあの木のこと&真っ白なピュアな世界
の写真をアップしようと思っていたのですが、このblogをアップた直後、
rinkatuさんもご存知の・・・ あの悲しい出来事を知り、涙が止まらず、心が折れてしまいました。
 落ち着いたら、感謝と自戒をこめて・・・私の宝物についてお話できたらな、と思っています。 
Commented by komachibbt at 2016-02-25 14:08
calmcalmcalmsさん
 はじめまして
 ご丁寧なコメントをいただきありがとうございます。
 
 北海道は いつ、どこへ行っても、何をみても、ただただ美しく悠でたくさんの感動とエネルギーを与えてくれる場所ですよね。
 その透明で美しい風景に感謝しながら、いつまでもずぅと変わらずにそこにいてくれることを願いながら、、少しでも、北の大地の澄んだ空気と温かな大地の鼓動を感じてもらえるような写真をおとどけできたらいいな と思っております。
 
 今後とも どうぞ よろしくおねがいいたします
Commented by komachibbt at 2016-02-25 14:16
つむぐさん
 いつも 心のこもったコメントをくださり ありがとうございます。

 霧のようなもやのような白いベールに包まれた丘のはるか向こうに 葉を落とした木々が1列に並んでいる光景を目にした時
「まるで雪原の首飾りのようだわ」とシャッターを切る前にタイトルが浮かび、なんとか 首飾りのように撮れないかと、しゃがんだり這いつくばったりしながら撮った1枚でした。
 何もないモノクロの世界なのですが、なぜだか、この光景に引き付けられましたが、
その時の私の心情を、つむぐさんが、代弁してくださったようで、とても嬉しく思っております。

 美しく穢れのないあの美瑛の丘が、いつまでもいつまでも 壊されずに、静かにそこに存在してほしい、と願うばかりです
Commented at 2016-02-25 21:38
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hidamaribenchi-me at 2016-02-25 21:46
こまちちゃん。
ここに佇む者だけにしか見えない自然界の贈り物。
汚れを知らない色(景色)って、まさにこんな色ですね。。
何度も何度も足を運ぶ・・この光景を見たくて、撮りたくて、
美瑛を愛する人は永遠の旅人のような気がします。
夢と浪漫を持ち続けているこまちちゃん、強いなぁー
いつまでもこんなピュアな気持ちで撮っていってほしいです^^
願いはただそれだけ・・・・❤
Commented by nonshi24 at 2016-02-26 16:02
こんにちは~。
>真っ白 まっさら まっすぐに
 感じたままをカシャカシャと
 冬の絵葉書 あなたの元へ

はい、と~~っても素敵な絵葉書が
私の心に届きました^^
草原の首飾り・・まさにぴったりのお写真。。
そしてラストのお写真。。
オレンジの光に青い雪。。
息を呑む美しさにただただ見とれていました。。
素敵なお写真の数々、
見せていただき嬉しかったです。
ありがとうございます(*^_^*)
Commented at 2016-02-27 04:06
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-02-27 12:30
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by komachibbt at 2016-02-27 12:52
「ここに佇む者だけにしか見えない自然界の贈り物。
汚れを知らない色(景色)って、まさにこんな色ですね」

そっかぁ そういうことなのよね。
なんとか その時の感情を言葉に表したいと思ってもボキャ貧のわたくし
巧く言い表せなったんですけれど、
穢れのなき透明色! それだったんだわね。
さっすが ポエマーつっちさんだわ ありがとう

 ただ 私は少しも強くないし夢もロマンも持っていないのだわよ
弱いからこそ あの透明の穢れのない世界に行って、自分の心をよぉくみつめて、浄化してもらって、「ピュアな自分にならなくちゃ よぉし また明日からがんばろう!」って 確認するために あの場所へ足を運ぶんだと思うんだわ。

 弥生3月桃の季節
いつまでも 白の世界ではなく そろそろ私もハル色バージョンに切り替えなくちゃね!

いつも身に余るお言葉 こそばゆいですけれど、嬉しいです
ありがとね。
Commented by komachibbt at 2016-02-27 13:12
かほさん
 いつも 心のこもったコメントをありがとうございます。
 色のない世界なのだけれどしっかりそこには、目に見えないカラーが存在していて
 なんとかしてその空気感を表現できたらなぁ・・・
 など ああでもないこうでもないと考えたのだけれど
 行きついたところは
「今あるがままの姿をそのままに。自分が感じたままをまっさらなままでピュアに撮ってみよう!
 と。

 冬の絵葉書の想い 感じてくださり、とても嬉しく思います。
 ありがとうございました
Commented by sotomitu at 2016-02-28 00:31
こんばんは!
いつか行ってみたい美瑛の風景・・・
昨日は、哲学の木が倒されたと言うニュースに胸が痛みましたが
自分の目で見てみたい場所です。
ドラマチックな空が素晴らしいですね〜!
↓まるで絵画の世界のように美しい光景ですね♡
神様が造られた世界は、なんて美しいのだろうと、改めて教えていただきました♡
Commented by komachibbt at 2016-02-28 23:39
sotomitu さん
いつもコメントありがとうございます。

そうなんですね!sotomituさんのおっしゃる通り
まるで絵画の世界のように美しいのは、神様が造られた世界だからなのですね。
 秋田にいても、今頃あの丘は、どんな景色かしら?
と つい思い出してしまいます。

 あの美しく遥かな風景がいつまでもそのまま残ってくれるよう祈りながら、訪れた時には
感謝の気持ちを忘れずに撮影していかなければと 思っています。
 
Commented by hogecyan at 2016-02-29 20:39
美瑛はいいなあ。。。
ほんとに素敵。。
また行きたい。。。
Commented by komachibbt at 2016-03-01 11:43
Keitoさん
 いつもご覧いただきありがとうございます。
「幽玄の刻」へもコメントを頂き、重ね重ねありがとうございました。

 ねっ
 1度 あの場所へ足を運んだら、また行きたくなる、何度でもどこへでも。
どの季節も素敵だけれど 私は あの誰をも寄せ付けない研ぎ澄まされたキ~んと張りつめた空気感の冬が1番好きです。
 普段は 炬燵に丸まって引きこもりのオバちゃんなのに、マイナス24度だろうが、吹雪だろうが歩けちゃう 不思議です(まぁ 全身にカイロ張り付けて コロコロ転がりそうなくらい着こんで着だるま状態ですがwww)

keitoさんは
何色の美瑛がお好きですか?
 keitoさんの ”美瑛色” 見せて頂くことを楽しみにしています
名前
URL
画像認証
削除用パスワード