こまちままのひとりごと

<   2014年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

その手を離さず いつまでも

「うわあ 大っきな梨がいっぱいだねぇ~」
「お日様 やさしいねぇ~」
 うららかな秋の木漏れ日が優しくやさぁ~しく降り注ぐ梨棚の下をおばあちゃんと手を繋ぎかわいい姉妹が楽しそうに歩く午後。
a0322741_21545500.jpg
 
 なんてあったかく なんて優しい光景であろう。
言葉なんて何もいらない。
二人の女の子を見守るおばあちゃんのお顔はそれは慈愛に満ちてあたたかい。
どこかで 見たことのあるような懐かしくほっこりした光景。


a0322741_21452680.jpg

どこでだろう
・・・・・・

母がなくなって随分になるのに、いつだって母は私の意識の中でしっかりはっきり存在していて
そう
母はいつだって 大きくてあったかくて
「背中丸めていたら小さくなって、首筋の所から幸せが逃げて行くのよ。笑って過ごしても1日は過ぎて行き、うつむいて泣いて過ごしても1日が過ぎて行く。幸せは自分の心が作るもの。背筋伸ばしてシャンと前を向いて歩いていこう」
 何時も そういって明るく笑っていた母。 笑顔の下に悲しみも理不尽なの思いも何もかも・・・すべて多い隠し、いつだってポジティブで明るい母だった。
今ならわかる
母の
悲しみも苦しみも やりきれなさも 弱い自分と戦いながらも決してそれを周囲に見せなかった母の強さも。。。

 2本しかない母の手を 幼い私の子供達3人はいつも求め、嬉しそうにおばあちゃんと手を繋ぎ
歌を口ずさみながら大きく振りながら歩いていた。

「その手を離さずいつまでも」
そう、母はきっと 
「おばあちゃんがいなくなっても いつだって お母さんが手を繋いでくれるんだよ。お母さんの手はおばあちゃんとおんなじあったかい手なんだから、大丈夫安心していいんだよ」
そう 伝えたかったのだろう。
そして
「どんなに離れていても 心の手は決して離しちゃいけないよ」
母はきっと、私に そう言いたかったのだろう。

うららかに 優しく降り注ぐ木漏れアーチのその光景は
そんなことを 私に思い出させてくれたなつかしくやさしい時間だった。
a0322741_22212770.jpg

[PR]
by komachibbt | 2014-11-30 22:44 | Comments(4)

落ち葉のコンチェルト

赤や黄色の 落ち葉がハラハラひらひら舞い降りて
やさしく 静かに響く落ち葉のコンチェルト

あっ
橋の向こうの芝生の上を
ピーターラビットが 今 赤い屋根のおうちに駆けてった!
a0322741_00591626.jpg



[PR]
by komachibbt | 2014-11-27 01:12 | Comments(3)

やわらかなまっすぐ

心と言葉がぴったりの時

言葉はまっすぐ

まっすぐは
人を倒してまで突き進もうとするけれど

やわらかな心から出たまっすぐは
やわらかなまっすぐで

相手の心の形に合わせて
大きくなったり小さくなったり
いろんな形に変わったりしながら
またまっすぐになって進んでいく

心と言葉がぴったりの時
                 藤川幸之助 「やわらかなまっすぐ」 より

 
 この道の先には いったいどんな世界が存在するのだろう
 あの光の先には いったい何が見えるのだろう
 
 まっすぐに
 ひたすらに
 ひたむきに
 生きていきたし
 どこまでも

[PR]
by komachibbt | 2014-11-24 21:19 | Comments(1)

この道はいづこへ

a0322741_21480301.jpg

[PR]
by komachibbt | 2014-11-23 18:19 | Comments(0)