こまちままのひとりごと

風と君を待つだけ

 暑く覆った雲の隙間から、太陽が時折顔を出し、白一色の雪原を照らす
 光が走る
 一瞬の蒼の光を追い、丘をかける
a0322741_16131225.jpg
 キタキツネや野うさぎの足跡が浮かび上がる、まるで白いキャンバスに描かれた絵のように。。。
a0322741_16265320.jpg
それは 白の丘に活けられた冬の花。。。。
a0322741_16185328.jpg
広い丘に一人静かに立つ名も知らぬ木
夕陽のやさしい光が降り注ぐ
ブルーとパープルの 言葉では言い表せない穏やかでやさしい空間

マイナス10度に冷え込む日没後の風は冷たく頬に突き刺さる

けれども
なぜだろう
こんなに温かく感じられるのは。
こんなにやさしくつつんでくれるのは
なぜだろう
a0322741_16162081.jpg
パープルアワーの丘に一人立ち
透明な風に吹かれて、澄んだ空気を吸ってみる
鉛色の雲のごとく重い鎧をきているような心身を
清涼な光と風がつつみこむ
氷のように冷え切って閉ざされた心がスーと溶けていく

何とも不思議な 
そして しあわせなとき

自然の力、厳冬の丘に立つ木々の生命力、北の大地で生き抜く動物の生命力の
なんと大きく力強いことか 
そして
何と気高く、美しいことか


心が折れそうなとき、いくら頑張っても前を向いて歩いて行けそうになくなった時
いつも 私を励まし、勇気づけてくれた小田さんの曲

「風と君を待つだけ」
 誇りを捨てないで あきらめないで 
 ひとりにならないで
 僕らは信じている 君が手を高く上げて
 いつかまた 走りはじめることを
 
 それぞれの想いと夢を乗せ
 静かにときはゆく
 
 今 船は真白にかがやく
 帆を高く上げて
 
 あとはただ 強い風と
 君を待つだけ


風の音を聞きながら
この自然の中に身を置こう
手を大きくあげて 風を感じて
そして
心の赴くままに心の目でシャッターを切っていこう

私が私であること
今あることの証として
一期一会の一瞬
今を
切り撮り、残していこう

さぁ
明日は どんな朝が待っていてくれるのだろう 

ゆっくりと
顔を上げて 
歩いて行こう
a0322741_16435165.jpg

*長い間 blogを更新することもなく、時が過ぎてしまいました
にもかかわらず、ずっと待っていてくださった皆様、案じて訪問してくださった皆様、本当に申し訳なく思っています。 ご心配をおかけしてしまい ごめんなさい。
 また、超鈍行運転の不定期便になろうかと思いますが、ゆるりと更新していきたいと思っておりますので、どうぞ、よろしくお願いいたします

# by komachibbt | 2019-03-22 17:11 | 美瑛・富良野 | Comments(2)

この道を

a0322741_17120312.jpg
小田さんのツアーオープニング曲
「会いに行く♪」に
合わせ 始まった 私の 「美瑛の春に 会いに行く! 」
駆け足blogも ちょっとここで一休み 

 全力で歌い全力で走り、全力でオーディエンスに心を繋ぐ真摯な姿に励まされ、エネルギーをもらった5月。
そして 悠かで広くて美しい北の大地に癒されパワーをもらい
そして しばらくぶりにこちらに帰ってきた私を温かく迎えてくださり、コメントや励ましをくださった皆さんに、心から感謝しています。

 生きていれば いろんなことがあるのは当たり前。
 でも、いつでも、まっすぐ 前を向いて、背筋をシャンと伸ばして
 今できることを全力で
 まっすぐに、自分らしく
 ケセラセラ と明るく笑って
 この道を歩んでいきたいなぁ

 マイクの前に すっくと立ち、手を後ろに組み流れ落ちる汗をぬぐうこともなく、一心に
 歌う小田さんの姿を思い出し
 自分もせめて誇りだけは忘れることなく、これからの道を歩んでいきたいなぁと、しみじみ思うこの頃です。

 ははは 突然、堅苦しい文になってしまいましたが、実は とうとう還暦を迎えてしまいまして(涙)
 誕生日に、この記事をアップしたかったのですが、間に合わなくなってしまいまして1週間遅れの 還暦おばちゃんの(涙)大げさな決意表明となってしまいました 。 マイペースの更新となってしまいますが、今後とも、どうぞ、よろしくお付き合いくださいますよう、お願いいたします。多くの方々から いいね!やコメントをいただきながら、お礼の訪問もできず、欠礼してしまいましたこと この場を借りて お詫びいたします
せっかく 復活できたのですが・・・ 又 ちょっと お留守にします。夏が来る前には、また元気に戻ってくるつもりでおります
 ので よろしく おねがいいたします。

 * この 1本の木とマルチの丘 (作物を霜や低温から守るビニールシートだそうです)
  同じ場所なのに、 日中、 夕暮れ直前 夕暮れ直後 と 景色がまるで違いました。
  私には、このマルチの畝が、まるで太陽に向って進む道のように見えて、心に残る
  光景となりました
   
 
 梅雨入りし、不安定なお天気が続きますが、皆様、どうぞ、お元気で お過ごし下さいますよう、お祈りしております
a0322741_17155298.jpg
 



それでも けんめいに

生きて行くと そうきめた


繰り返す 迷いも

争いも 悲しみも


すべてを 時に任せて

選んだ 道を 行く


その道は どこへと

つながって いくのか


未だ見ぬ その場所は

どんな風が 吹くんだろう


誇りと 正義のために

闘う 自分がいるはず


晴れわたる 広い空に

明日が 確かに 見える


どんなに 険しくても

この道を 信じて行く


守るべきもの それは ただひとつ

それを 知った


      小田和正

         「この道を」 より



# by komachibbt | 2019-02-24 15:13 | 美瑛・富良野 | Comments(17)

墨絵の丘

夜明け前
十勝岳の山頂付近がほんのりピンク色に染まり始めた
手前には かすかに 美馬牛小のとんがり屋根が見えている
a0322741_22395671.jpg
かすかに聞こえる鳥のさえずり
そして
静かに しずかに
しんしんと
朝もやの流れゆく音だけが・・・
丘の表面を 流れてく
まるで 薄墨の筆が スーとはくように
厳かな静寂の時間・・・
a0322741_22380259.jpg
東の空が 突然
輝き始めた
厚い雲の向こうから
太陽が顔を出す

ほんの数分間の短い間の ゴールドの世界
神々しく 美しく 光輝くその時を 語る言葉は見つからず
ただ 美しく
ただ 温かく
そして 強く 気高きその光を
私は 決して忘れまい

a0322741_22573925.jpg
神々しく 美しい光が去ったのち
丘には
また
穏やかで静かな時が流れてく

a0322741_23004220.jpg
白いベールが 音もなく消え去ったあとには
のどかなまきばの朝がそこに 広がっていた
a0322741_22464355.jpg

# by komachibbt | 2018-06-09 23:21 | 美瑛・富良野 | Comments(13)

万葉の丘

 晴天の丘も大好きだけど
 雨の丘も また しっとり趣があって素敵です


a0322741_17000470.jpg
 雨に濡れた桜の花びらは より桜色がこくなって、見ているだけで心が穏やかになって
 気持ちが落ち着いて
 いつも、何かに追われているかの如くあくせく生きている自分が、ちっぽけに思えたりして

a0322741_16350715.jpg
 桜の花は
 どうしてこれほどまでに、人の心をひきつけ 癒してくれるのでしょう
 しとしと降る雨にうたれながら、そこに佇んでいるだけで、心が洗われ よこしまな思いも
 街中の喧騒も忘れさせてくれ、何も考えることなく、今あることに感謝する。
 そんな自分にさせてくれた
 雨の丘に
 こころから
 ありがとう
 
a0322741_16485943.jpg
a0322741_16510491.jpg

 こんな季節外れに、しかも同じような写真ばかり並べてごめんなさい。
 でも、この桜とぎゅーんと曲がりくねった道の光景も、あの1本桜と同じように、どうしても会いたかった場所。
 この斜面が桜色に染まる光景を見ることができたら、万葉の世界へタイムスリップできるかも!、そんなことを思いながら、何年も通った場所なんです。
 桜の写真をとったのは、実は一眼を手にして初めてのチャレンジ。しかも雨・・・
あの美しさ、気品、はかなさetcを表現することは、とっても難しくて、私にはちょっと無理かな、とも思いましたが、でも、この穏やかで厳かなシーンに出会えて、ほんとによかった。肩ひじ張らず、平穏な心で、穏やかに(←これ、私には至難の業)
でも、誇りだけはもって生きていきたいなぁと、そんなことを思った思い出深い、幸せな1日となりました。
 
a0322741_17070520.jpg
さて、明日は 天気予報も快晴
さぁ いよいよ 大好きな丘へレッツゴー!
青い空と白い雲が見れたらいいなぁ~ 

# by komachibbt | 2018-06-04 17:32 | 美瑛・富良野 | Comments(11)

会いに行く

朝になれば きっと元気になるから
出かけていこう あの雲へ続く道

風に光が 揺れている こんな日は
きっとどこかに いいことが待っている

会いに行く どこにでも その笑顔に会うために
その声を聞くために 思いを伝えるために (小田和正 「会いに行く」より)


a0322741_17364758.jpg
ずっとずっと 願っていた
何度も何度も通って ようやく会えたね
ありがとう

静かに
やさしく
あったかく
しとしと降る雨の中
その木は そこにたっていた
a0322741_21065998.jpg
a0322741_21200090.jpg

待ってたよ 
げんきにしてた? 

時にはちょっと 立ち止まり
重い荷物を ひょいとおろし
のんびり
歩いていこうよ
ゆっくりと

ほらほら
雨もやんできた

降り注ぐ木漏れ日が 
やさしく包んでくれてるよ

やっとあえたね
ありがとう
a0322741_17243921.jpg

 芦別岳を背に、広い畑の中に ポツンと立つその木が、ずっと気になって
満開の花を咲かせ、風に花びらが舞う頃に 1度でいいから会ってみたい!
そう思ってから5年の月日が経ちました。花が散っていたり、硬いつぼみだったり、なかなか桜色の姿に会えずにいた1本桜

辛くて、苦しくて、どうしようもなく哀しくて、心身ボロボロになって、逃げ出しそうになったこともあった日々
あの場所へ行けば きっと・・・
あの桜の木にあえたらきっと・・・
きっと
そこには まだ見ぬ世界が待っていてくれてるようで・・・

会いに行こう あの場所へ!

心の氷がとけていき
こころが すぅ っと 軽くなりました


明日から
また一歩 
少しずつ すこしずつ
前を向いて 歩いていこう
ゆるり ゆるりと 一歩ずつ

a0322741_21282132.jpg

15の頃に初めて出会った小田和正さんの世界
優しい言の葉とメロディに癒されて
何よりも 不器用なまでにひたすらまっすぐに 全力で駆け抜ける
その哲学者のような生き様に 励まされ 心を奮い立たせてもらい
気づけば はや45年

自分の歌が誰かの笑顔につながるのなら、と70歳になってなお、スタッフが止めるのも聞かず、待っていてくれる人たちの少しでも傍へと、32曲を歌い、全力で走る
熊本の大震災の震源地 益城町から ツアーをスタート

あの桜の木に会いに!
そして
函館の小田さんのコンサートへ
いってきました。

ずっと 眠ったままで、更新もしない中、
ダメダメこまちを気にかけて、訪問してくださった方々がいらしたこと
心から嬉しくありがたくおもいました。
ありがとうございました。

また、マイぺース(過ぎる(-_-;))更新になるやもしれませぬが
ゆっくり再開していきたいと思いますので
どうぞ、よろしくお願いいたします






# by komachibbt | 2018-05-28 21:52 | 美瑛・富良野 | Comments(9)