こまちままのひとりごと

<   2018年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

会いに行く

朝になれば きっと元気になるから
出かけていこう あの雲へ続く道

風に光が 揺れている こんな日は
きっとどこかに いいことが待っている

会いに行く どこにでも その笑顔に会うために
その声を聞くために 思いを伝えるために (小田和正 「会いに行く」より)


a0322741_17364758.jpg
ずっとずっと 願っていた
何度も何度も通って ようやく会えたね
ありがとう

静かに
やさしく
あったかく
しとしと降る雨の中
その木は そこにたっていた
a0322741_21065998.jpg
a0322741_21200090.jpg

待ってたよ 
げんきにしてた? 

時にはちょっと 立ち止まり
重い荷物を ひょいとおろし
のんびり
歩いていこうよ
ゆっくりと

ほらほら
雨もやんできた

降り注ぐ木漏れ日が 
やさしく包んでくれてるよ

やっとあえたね
ありがとう
a0322741_17243921.jpg

 芦別岳を背に、広い畑の中に ポツンと立つその木が、ずっと気になって
満開の花を咲かせ、風に花びらが舞う頃に 1度でいいから会ってみたい!
そう思ってから5年の月日が経ちました。花が散っていたり、硬いつぼみだったり、なかなか桜色の姿に会えずにいた1本桜

辛くて、苦しくて、どうしようもなく哀しくて、心身ボロボロになって、逃げ出しそうになったこともあった日々
あの場所へ行けば きっと・・・
あの桜の木にあえたらきっと・・・
きっと
そこには まだ見ぬ世界が待っていてくれてるようで・・・

会いに行こう あの場所へ!

心の氷がとけていき
こころが すぅ っと 軽くなりました


明日から
また一歩 
少しずつ すこしずつ
前を向いて 歩いていこう
ゆるり ゆるりと 一歩ずつ

a0322741_21282132.jpg

15の頃に初めて出会った小田和正さんの世界
優しい言の葉とメロディに癒されて
何よりも 不器用なまでにひたすらまっすぐに 全力で駆け抜ける
その哲学者のような生き様に 励まされ 心を奮い立たせてもらい
気づけば はや45年

自分の歌が誰かの笑顔につながるのなら、と70歳になってなお、スタッフが止めるのも聞かず、待っていてくれる人たちの少しでも傍へと、32曲を歌い、全力で走る
熊本の大震災の震源地 益城町から ツアーをスタート

あの桜の木に会いに!
そして
函館の小田さんのコンサートへ
いってきました。

ずっと 眠ったままで、更新もしない中、
ダメダメこまちを気にかけて、訪問してくださった方々がいらしたこと
心から嬉しくありがたくおもいました。
ありがとうございました。

また、マイぺース(過ぎる(-_-;))更新になるやもしれませぬが
ゆっくり再開していきたいと思いますので
どうぞ、よろしくお願いいたします






[PR]
by komachibbt | 2018-05-28 21:52 | 美瑛・富良野 | Comments(7)